もともと出来る事をリーダーにやらせても…

次世代リーダーに必要な心構え7つ

明らかに違う今のリーダー像

明らかに違う今ののリーダー像

職場を統括するリーダー、今も昔も仕事を指揮する人がいるから部下は動けます。

しかし、そのリーダー像が変化しています。昔のような兄貴肌のリーダーは時代遅れです。

確かに人の上に立つ素質はありますが、それはあくまで人間関係の話です。

本当に大事なのは、いかに自分という上司の力にすがらないチームを作るかどうかにあります。

リーダは職場を管理する立場にありますが、自分の仕事が最優先です。その他の業務は部下に任せます。

この部下の対応で、リーダーの素質があるか試されます。

できる人は、仕事を伝えるだけです。

その後の過程は部下が1人で考えます。

薄情な上司に見えますが、リーダーが解決の手助けをしていては部下の成長の妨げになります。

散々な結果を生むリスクもあります。

、それを恐れていては部下に信頼されることはなくなります。

託されたこそ、相手も期待を応えるべく結果を出す努力をします。

今の時代、熱い体育系では他の企業に負けます。

冷静で合理的な戦略を練る人間になる必要があります。